Home

Welcome to My New Local Blog

  • 大きな鼻を持つ人々に対する小鼻手術の仕組み

    12th Feb 2020 by

    鼻の外観に満足していない人や、鼻腔の構造上の問題のために呼吸が困難な人は、しばしば小鼻手術を受けることが推奨されます。 これは鼻形成術の一種で、鼻の縮小手術とも呼ばれ、鼻のサイズと形状を再構築して変更することを目的としています。 韓国の美容クリニックでは、患者が審美的な目標とニーズを達成できるように、さまざまな小鼻手術を提供しています。 それらのいくつかを次に示します。 鼻形成術での先端の微調整 球根状の鼻は、平らで丸い鼻の先端を持つ鼻です。 それは通常、人が年を取るにつれて成長します。 多くの人にとって、鼻梁の骨や球根状の鼻が広いと魅力的ではありません。 幸いなことに、この状態は鼻梁骨を減らす手術で修正できます。 必要に応じて、脂肪と皮膚を取り除くことができます。 この手術により、患者は鼻が小さくなるだけでなく、鼻先と鼻のラインがきれいになります。 こぶ減少鼻形成術 鼻梁が突出しすぎて、実際の年齢よりも年を取って見える場合、小鼻手術が向いています。 こぶ減少鼻形成術は、鼻梁を真っ直ぐにする処置で、鼻をより細くし、横のラインを滑らかにします。アプローチと処置の期間は、こぶのサイズによって異なります。 鼻甲介削減 鼻甲介は、呼吸する空気に水分を追加して暖めるのに役立つエアフィルターとして機能します。 鼻甲介に腫れやずれなどの深刻で問題のあることが起こった場合、鼻甲介の減少が必要です。 この手術は鼻中隔形成を受けた人によく推奨されます。鼻中隔形成術は、鼻甲介の圧迫や呼吸困難を引き起こす可能性のある逸脱した中隔を矯正するタイプの鼻形成術です。 他のタイプの鼻縮小処置と同様に、これは鼻の外観を改善するだけでなく、その機能を改善するためにも行われます。

  • 二重まぶた手術であなたが望む魅惑的な見た目を実現

    12th Feb 2020 by

    二重まぶたの手術は、一重まぶたが支配的な東アジアで最も人気のある手術の1つです。 二重まぶたになることは、美しさと魅力の標準と考えられており、多くの人々がまぶたのテープと化粧で二重まぶたに見えるようにしているほどです。従来の二重まぶたの手術とアジアの眼瞼形成術の違いから始まって、二重まぶたの処置について知っておくべき特定の事柄があります。 どちらの処置でもまぶたに変化をもたらしますが、2つの手法にはわずかな違いがあります。 アジアの眼瞼形成術は、余分な脂肪と皮膚を取り除き、上まぶたに望ましいしわを形成する処置で、上まぶたに焦点を当てています 。一方、従来の眼瞼形成は垂れ下がった瞼の改善に焦点を当てており、下または上まぶたの余分な脂肪や皮膚を除去することで、患者の視界の障害物や涙袋を取り除いたり、目の周りの領域の外観を改善したりします。 アジアの眼瞼形成術は、日本、マレーシア、韓国、シンガポール、台湾などの東アジア諸国で非常に一般的に行われています。 二重まぶた手術後、患者は上まぶたの腫れを経験する場合があり、落ち着くまでに時間がかかる場合があります。 これが、処置を受けることを決定するときに、回復のための十分な時間を取る必要がある理由です。 この腫れは数週間で徐々に減少し、回復期を経て期待されていた二重まぶたがはっきりしてきます。 目が自然かつ適切に治癒することを確実にするために、適切なアフターケアを行う必要があります。 通常、手術当日は顔を濡らしたりシャワーを浴びることは控えるよう求められます。 これにより、感染のリスクを軽減できます。 合併症を避けるために、アイメイクが出来るようになるまで、傷が治癒し腫れが治まるのに十分な時間を取ることも重要です。

View all posts

Follow My Blog

Get new content delivered directly to your inbox.

Create your website at WordPress.com
Get started